なるがままにされよう

アラフォーおっさんが好き放題書く雑記ブログ

Salyuにハマっています

なるがです。

今日から9月ですが、急に涼しくなってきました。あの気だるい暑さはいずこへ?という位過ごしやすくなりました。ほんとに朝晩は寒いくらいです。あと一回子供たちとプールにいけるかな・・・などと思っている今日この頃です。

 

そして今、Salyuにハマっています。

このアーティストの事は『彗星』という曲で知ったのですが、リリース当時2005年のMTVを見て、妙に記憶に残る曲だなぁと思った程度でした。

声がとにかく特徴があり、感情がこもっているというか、うまく説明出来ません(なんだそりゃ)

楽曲とミスマッチに思えるよくわからないMVの映像と相まって、独特の世界観を醸し出してました。


Salyu「彗星」

やっぱいいですね~・・中毒になりますな。しかしいつ見てもよく分からん映像です。

しかしそこが中毒になったとこでもあるのですがね。

 

そしてたぶん認知度も高いと思われる『To U』です。(2007年リリース)

この曲は初めて聴いた瞬間に名曲入り(自分の)しました。この曲は何回聴いても心にきます。

特にブレイク時?のSalyuが唄う「愛~woo愛~」のところ。もう心臓貫かれます。


to U

超名曲ですね。

この世界で起こっている出来事と、この歌は絶妙に絡み合ってとてつもないメッセージを発していると感じます。作詞、作曲、ヴォーカル。この3人はとんでもない組み合わせです。

  

と、いかにも通な風に語っておりますが、実はこの2曲くらいしか知りませんでした。

そこで、なんとなく聴きたくなり動画を久々に検索してみましたら、なんと名曲ぞろい!

僕の好みにびたっとハマったのか、一発で虜になってしまいました。

なんですかね、この声がやっぱりグッとくるんですよ。いつまでも聴いていたいと思わせるヴォーカリストだと思います。初期と後期とでは声の質も変化してますが、どっちもすごくいいです。

そして小林武史氏の作る楽曲とすごく相性がいい。

とにかく毎日聴きまくってます。(今頃?)

Salyuの唄を聴かない日は、クリープを入れないコーヒーと同じ。物足らんのです。

 

森永乳業 クリープ 280g

森永乳業 クリープ 280g

 

 紹介するほどでもないけど一応。これがクリープなるものです。

 

そして、またズキューンとやられた一曲を発見しました。

Mr.Children桜井和寿氏が作詞・作曲の『青空』、メロディはまんまミスチルです。当たり前か。

が、Salyuがこれを見事に唄い上げています。


Salyu「青空」MV (Full)

初期の憂いを帯びた声とは違い、曲と素晴らしく調和した声を聴かせてくれます。この曲に限らず口の動きなどを見てると、言葉を凄く丁寧に唄うひとだなぁと感じさせます。

 

そして僕がなぜこれを推すか?

歌詞がいいんですよ。人それぞれとらえ方はあるんですが、僕は母のことを唄った歌ととらえています。曲中に『母』というワードが出てくるんですが、それを知ってからは母に捧げる歌にしか聴こえなくなりました。

『あなたが好き~あなたが~』というフレーズがあるのですが、マザコンでもありませんし、ましてや恋愛感情などありませんので。

 

アラフォーになって改めて母の存在に気付かせてくれるのです。遠く離れて暮らすため年に1~2回しか実家に帰らない自分ですが、この曲を聴くと年老いた母を想わずにはいられないのです。

 

しかしSalyuの歌声は胸に響きます。もっと早く知っとくべき、否、気付くべきだった~と思う日々であります。

久々に、聴きたい!と思わせてくれるアーティストに出会い(再会?)ました。また曲紹介しようと思います。