なるがままにされよう

アラフォーおっさんが好き放題書く雑記ブログ

2001年8月 九州一周 バイクツーリング記 第二回

なるがです。

 

2001年の8月25日から5日間の日程で九州一周ソロツーリングを行った記録の第2回目です。

初日からソロでは無くなるという思いも寄らない展開。しかも相手は10も歳の離れたおっちゃん。そのおっちゃんと一緒に走る事になります。

 

不思議と安心感のある方でした。波長が合うと言った方がいいかな。

特におしゃべりでもなく、前に出たがる訳でも、仕切りたがる訳でもなく、見守ってくれているようなスタンスの人でした。

なのでこっちも変に気を遣ったりなどは全くありませんでした。(これはこれで問題あり⁈)

 

彼の旅の目的地などは思い出せないのですが、行き先が同じという事で誘ってくれたのでした。このフレンドリーさ?は見習いたいところです。

普通なら誘ったりしませんし、年齢的にも上下関係が出来上がる構図です。でも彼は10歳も年下のこんな若造に対して、友達のように接してくれるのです。

なんて懐の広い人なんだと感銘を受けました。

 

そんな彼と(Hさんとします)これから行動を共にして行きます。いつまで一緒なのか、その時は分かりませんでしたが、この旅がソロツーリングで無くなったとしてもそれはそれでいいや、という気持ちでした。

 

前回続きです

道の駅青雲橋で野宿

雨足も次第に強くなってきており、いつまでもここで話をしているわけにもいかない。Hさんの後ろについて出発する。

しばらく走ると『道の駅青雲橋』というのを発見。Hさんはバイクを降り奥まで様子を見に行く。どうやらここで過ごせそうとの事。ねぐらは決まった。と思ったらHさんはバイクをターンさせる。

「どこいくんです?」

「酒と晩飯いるやろ??」

なるほど、そういうことか。

小さな個人商店を見つけたのでそこでビールとつまみやらを買い込む。再び道の駅に戻った頃にはすでに陽もとっぷりと暮れて辺りは真っ暗、景色も何も見えない。雨も結構強くなってきた。

しかし、今日のねぐらはラッキーなことに屋根付き!すこぶる快適だ。こんな雨の日は誰も来ないし、思う存分くつろげる。

銀マットとシュラフを敷き、ランタンを灯して語らう。強かった雨もしとしとと降り・・なんか風情があるなぁ。

今は見えないけど、この場所から大きなアーチ橋が望めるそうだ。

明日の朝を楽しみにしながら寝る事にする。

 

8月26日

朝だ。雨も上がっており、霧の立ち込める少しひんやりした朝だ。

f:id:narugapapa:20171005012507j:plain

寝起きに一服。体が痛い。

起き上がって周りを見てみると、目の前に大きなアーチ橋が!ここはまさに特等席だわ。なんでも東洋一のアーチ橋らしい。高さ137m、全長410mだそうだ。

 

f:id:narugapapa:20171005015910j:plain

朝のコーヒーを片手に景色を眺める。朝は気持ちいいな~。

 

しばらくすると犬の散歩に人がぽつぽつと出始める。そろそろ退散の時間という事か。

僕らは決してそういう人達の邪魔をしてはいけないし、使わせて頂いてるという意識が大事だ。ゴミはしっかり始末して、痕跡は残さないようにするのが野宿のマナーだと思っている。

 

宮崎市内でチョーカー購入 、仲間入りを果たす

国道218号線延岡市を通過、日向市~日向街道をひた走る。左手に日向灘を望み国道10号線を南下。海沿いは圧巻。

宮崎市の「シーガイア」に寄り、Hさんと二人適当にぶらつく。男二人だとおもしろくもなんともない。

宮崎市内に入り、Hさんの知り合いのジュエリーショップに連れて行ってもらう。というか連れていかれた。そこにはハーレー仲間と思しき人たちが5~6人溜まっている。するとHさんはその人たちに僕を紹介してくれた。彼らは「お~お~そうか~!」と意外にも快く迎え入れてくれた。

そしてインディアンジュエリーを手に取り、「これなんかいいんじゃないか?」と銛(もり)の形のを見せられ、あれよあれよという間になんと購入してしまった。チョーカー¥4000なり!(プレゼントちゃうんかーい)あれ?買わされた??

でもこれで俺も仲間(何の?)になれたような気がしたし、実際彼らに認められた(何を?)感がすごくあって、気分も超ハイテンション!

完全に吞まれてますな・・・。でもいい買い物したと思っている。

 

サンメッセ日南と鵜戸神宮かんぽの宿日南

市内を抜け国道220号線へ。南国ムードたっぷり、解放感ばっちりだ。

f:id:narugapapa:20171006014453j:plain

しばらく走り、「青島」なるところへ案内してくれた。

f:id:narugapapa:20171006014900j:plain

 「鬼の洗濯板」~自然の造形美に圧倒される。初めて見る景色の連続に只々感動。

この頃にはすでに日焼けパンダ顔状態である。

f:id:narugapapa:20171006015327j:plain

 

途中Hさんの知り合いがいるというドライブインに入り昼食。何を食べたか覚えていない・・。

そして昼食後、すぐそばにあるサンメッセ日南」というところに入って行く。なんとHさん、入り口で顔パス!しかも受付のお姉ちゃんと親し気に会話しているではないか。なんなんだこの人は・・??

話を聞くとどうやら以前ここで少しの間働いていたらしい。なるほどそういう事なら理解できる。あと、辞めた人間に対して受付のお姉ちゃんがすごく嬉しそうだったのがHさんの人物像を物語っていると感じた。

 

園内はテーマパーク?みたいになっており、「モアイ像」が海をバックに佇んでいる場所もある。このモアイ像はイースター島公認だそうだ。

f:id:narugapapa:20171007092354j:plain

園内はアップダウンが多く移動は結構疲れるが、とにかく楽しすぎてはしゃぎ回る。牧場もあり、ここの牛さんから採れたミルクのソフトクリームがめちゃめちゃ濃厚でうまい!!

f:id:narugapapa:20171007092704j:plain

空の青と海が融合して広大すぎる空間に。天気がいいと圧巻の大パノラマが拝める。

 

ここを出てすぐそこの鵜戸神宮に寄る。

 

朱色の建物が沖縄な感じがする。行ったことはないが。

安産の神様なので今後の為に?先にお参りしておく。予定は全くないのだが。

 

岩に空いた穴に上からお金を投げて、入れば願いが叶うという『運玉投げ』に挑戦してみる。が、全く入らない。当然1回で済むわけがなく6回ほどやって諦める。なんかしこりが残る。達成感を得るには一日かかるかもしれない・・。

 

日南フェニックスロードを快走。青い空と青い海、緩やかなアップダウン。チョー楽しい。

しばらくしてHさんは右折ウインカーを出し、何やら小高い山の方へとバイクを走らせる。到着したのは『かんぽの宿日南』。ん??なにしに??

 

「フロ入ってさっぱりしていこうYo」

 

「あぁ~!風呂ですか!いいですね~!」と急な展開におもわず心躍る。

旅の途中に入る風呂は何て気分がいいんだろう!これまでも温泉ツーリングは何回もしてきたが、温泉がメインでないソロの旅では途中に入るなど考えたことも無かった。

排気ガスと汗と土埃で汚れた体もきれいサッパリ!風呂上がりの冷たいコーヒー牛乳がゴクゴク飲める。うんめぇ~!

 

しかし、今ふと改めて思う。

この人に会っていなければ、ここには絶対いないし、いろんな場所や景色もきっと素通りしていたと。

Hさんと出会えたことはとんでもないラッキーとしか言いようがない!

f:id:narugapapa:20171007102853j:plain

この黄色のグローブがカッコよすぎて俺も真似しようと誓った。

 

国道448号線を南下・・している?

Hさんの後ろについて走ってるだけなので、自分の現在地が全くつかめない。今どこをどこへ向けて走っているのかも分からない。

そうこうしているうちに夕方になり、陽も暮れた。これからどこへ行くんだろうか?