なるがままにされよう

アラフォーおっさんが好き放題書く雑記ブログ

2001年8月 九州一周 バイクツーリング記 第四回

なるがです。

 

Hさんとの楽しかった旅も今日で最後!出会いからもうすでに3日。その間の素晴らしすぎる出来事は今でも記憶にしっかり残っています。

こうして記録として残せるのも、今このタイミングがベストだったんだと思います。ブログというツールと出会っていなければ、たぶんここまで書けてないと思います。

 

これを書き起こすために行った方法
  • 実際の写真背景とグーグルマップのストリートビュー背景との照らし合わせ
  • ガススタ及び買い物レシートの時刻・場所から割り出すルート推測
  • 正確な地名のweb検索
  • 当時使用していたツーリングマップルへの書き込みメモ跡の情報
  • 写真をスマホでスキャンして取り込む

もっと簡単でスムーズな方法があるんだと思いますが、アナログなおっさんにはこれが限界です。

 

写真を見てもここがどこだか特定できないときは、その近辺をくまなくマップで探します。この辺にいる事は分かっているので、写真から得られる情報をフル稼働させます。

例えば橋の横に赤い屋根の家が写っているなら、マップの航空写真で橋と赤い屋根の組み合わせを探します。

このやり方で写真の情報はほぼ完全に特定出来ました。

f:id:narugapapa:20171008001127j:plain

f:id:narugapapa:20171008001151j:plain

この辺から撮影したんだなと特定。山の稜線も一致。

ツールがすべて揃った今だからこそ、こうして取り組めてるんだなぁ・・にしても16年放置はないな。

 

 

 続きです

8月28日 4日目 

夜中、さわさわと体を這う感触が・・。よく見ると蟻だ。うたた寝状態の無防備だったのでいつの間にか集られてた。パッパッと払いまた寝る。月がきれいだ。

 

まわりが明るくなってきて目覚める。ボーっとして相変わらず体が痛い。ちゃんとした寝床で寝たいな・・。

f:id:narugapapa:20171009231553j:plain

1日目 道の駅

2日目 スナック

3日目 国道沿いの休憩所(ここ)

全部野宿。そのおかげでかなりお金は節約は出来ているのだが、いかんせん体が痛い。

でも楽しいし、起きた時の新鮮さ?が何ともいえないので苦ではない。

昨日暗くて見えなかった景色が目の前に広がっている。海!は~最高の景色~。今朝もコーヒーが美味しいわ。

 

ゴミをバイクにくくり付け出発する。

f:id:narugapapa:20171009233507j:plain

今日がHさんと過ごす最後の日だ。思い残すことが無いようにめいいっぱい焼きつけようと思う。

国道220号線を北上。一路桜島を目指す。

垂水市荒崎パーキングにて休憩。もう目の前に桜島が見える。あれが桜島か!実際にこの目で見ると迫力が違う。灰も少し降っていたような気もする。

 

トイレに行って戻ってくると男女のツーリングライダーがいた。そういえばHさん以外のライダーに会うのはこの旅初めてだ。4人で写真を撮る。

f:id:narugapapa:20171010000144j:plain

彼らと旅の話で盛り上がり、ひと時の楽しい時間を過ごした。(連絡先を交換し合ってその後手紙と写真を頂きました)

 

Hさんとの別れ

そして桜島が眼前に。有村溶岩展望所で記念の一枚。

f:id:narugapapa:20171010001151j:plain

そしてしばらく走り、ついにその時はやって来た。今まで一緒に旅してきたHさんとここでお別れ。まだ少し走っていられると思っていたが、どうやらここで引き返すそうだ。なんとも淋しい。

大正溶岩の前で最後の記念撮影。

f:id:narugapapa:20171010001942j:plain

お世話になりました。

別れ際に交わした言葉は全く覚えてないが(大事なとこやろ)、Hさんがバイクの横に立って、見えなくなるまで手を振ってくれていたのが強く記憶に残っている。

 

桜島フェリーで鹿児島へ

一人で走り出したのだが、何か変な感じだ。実は後ろに居てるんじゃないかとか思い、何回も振り返ったりしていたが、ついに現れる事は無かった。彼女にフラれた時もこうしてたな・・当然居なかったがw

別れてしばらくは本当に淋しかった。たぶんもう二度と会う事はないと思うと、よけい淋しかった。

しかし気持ちも切り替えて、これからは本当のソロツーリングだ。とは言え少し不安・・。

 

11:45鹿児島行き桜島フェリーに乗り込む。バイク¥310、大人¥150なり。(今は料金改定されてるのかな?)

f:id:narugapapa:20171010004925j:plain

約15分のあっという間の船旅。ゆっくりくつろぐヒマも無かった。

鹿児島市は大きな街だ。ちょっと迷子になり街中をぐるぐる回る。やっと街を抜け出し、ここからさらに南下して、この旅の目的地「知覧」へと向かう。