なるがままにされよう

このGブログも今年2周年だそうです。中身はありませんので悪しからず。

およげたいやきくんは現代のおっさんそのものか

なるがです。

 

  まいにちまいにちぼくらは鉄板のぉ〜〜上で焼かれて嫌になっちゃうよ〜🎵

 

  おっさん世代なら誰もが知っているこの記憶に残る子門真人の歌声とメロディと歌詞。泣く子も黙る「およげたいやきくん」ですね。

  この歌は当時4歳か5歳頃でしたか、めちゃくちゃ切ねえ歌だなと子供心に思ったものです。

 

  そして40年後、僕を含むおっさん達は正にたいやきくんだ。大半の中高年サラリーマンはこの歌に共感する、もしくは自分と重ね合わせる事があるのではないでしょうか。

 

これは今に始まった事ではなく、発売当初からサラリーマンの気持ちを代弁している歌との評価もありました。

しかし! まさかたいやきくんの気持ちを身を以て知る事になろうとは思いもよりませんでした。

 

  上司とケンカして、会社を辞め、今まで知らなかった自由を知り、世界を知り、脱サラ起業だ!社畜から卒業だ!と思うのもつかの間、次第に歯車が噛み合わなくなり、お金も底をつき、エビすら食べれなくなり、ついにサラ金に手を出し、最後は自滅してしまう……。

 

  僕は幸い?まだ歌い出しの部分にいます(笑)

まいにちまいにち18時間もの時間を仕事に費やしてマジで嫌になる。帰って寝るだけの日々。最近本当に疲れている。睡眠も4時間くらいで、目玉もクルクル回っちゃう〜とはこの事かいな!と笑っていました。昨日は部長からの無茶な要求に本気で会社辞めようかと思いました。←今ここ

 

  それに加えて職場のいざこざの処理、仕事を覚える気のないやる気のない部下、次から次へと増え続ける終わりが見えない仕事、休憩は8時間後、昼飯は夕方、帰りは深夜、一人晩飯チーンからの、即寝、メタボまっしぐら。

  こんなところで愚痴っても仕方ないけど、現代の中間管理職はこんな感じでみんな病んでいるのでは? そして追い打ちをかけるように45歳以上のおっさんはリストラ対象が進んでいるという。

なんか頑張っても報われないんだなと思うと、飛び抜けて有能でもない限り企業からは見放されるということか〜。なんだ無能かと思われたら終わりだ!

  だからと言ってヤケを起こしたりはしませんよ。安心してください、生きますよ。

  だけど自分もいつか死刑宣告される時が来るのでしょう。そうなる前に備えは今からでもしておかねばいけませんね。

 

  嗚呼、おっさんて生き物はなんかもう切ねえなー。家族の事しかり、会社の事、親の事、考える事が山ほどある。パタパタママも「アンタにはかなわんわ」と言いそう。

この年代の良いところも確かにあるんだけど、今の生活からは正気は生まれて来そうもない。良い様に使われて食べられるたいやきくんみたいにはなりたくない。

 

  働き方改革は最低だ。管理職はサービス残業が増えただけじゃねーか。有給も取れないから半休を10回取って5回休んだ事にすると言う管理職もいる。正気か。

だけどこれが今の現実です。この流れに乗るにはこうでもしないとついていけないのです。見せかけの働き方改革。残業代泥棒のしわ寄せを食らっている感じもします。大体罰則を設けたくらいで改善なぞするわけがない。罰則を避ける様になるだけです。上司達はこの状況を知ってるくせに本気で出来ていると思っているのですかね。聞いてみたい。暗黙の了解なら相当のクズです。

  昇進をエサに、やる気を見てみたいだと?現場に入る訳でもなく、メールのやり取りだけで一体この僕の何が分かるというのだろう⁈ムキーッ!

声だけで騙すオレオレ詐欺より悪質だ。

やり甲斐詐欺。

まんまと引っかかっているのですがね。