なるがままにされよう

アラフォーおっさんの気ままなブログ

1997年8月 四国一周ツーリング記 第2話

なるがです~。

 

当時の日記そのままを記すつもりでしたが、やっぱり修正が必要なので多少書き直しながら書いていこうと思います。なんか楽しくなってきたぞ。

20年前といえども、こうして日記などがあると記憶を辿って鮮明に思い出すことができます。

しかし、20年後にこうして恥ずかしげもなく公開なぞするなんて。

とりあえず、ぼちぼちやって行きます。

 

 

 

1997年8月26日 四国一周へ

会社での仕事を終え、四国への思いでいっぱいになりながら荷物をまとめている。

現在26日午前1:00。思ったより荷の多さに驚いた。初めてのロングツーリングには何を持っていけばいいのか、全く分かっていなかった。

テント、シュラフ、銀マット、そしてカバンに思いつくだけの物を詰め込む。そして下で待機しているヤツの元へ急ぐ。

 

4:05発ハーバーランドの船に乗る予定だったが、荷積載に時間を食ってしまい、時計を見るとすでに4:00になろうとしている。バイクに荷物をくくるの難しい!しかし時間かかり過ぎだろ。

一睡もしてないし、本当に大丈夫なのか?少し不安になる。

 

ようやく何とか形になり積み終えた。緊張感が高まり気を引き締める。バイクに声をかけ、眺め、無事を祈り、これからの出来事を思いながら相棒に跨る。

さあ、出発だ。

 

 

四国への道 淡路島~大鳴門橋~徳島

朝の新御堂筋を駆け抜け神戸方面へ。須磨のフェリー乗り場へと急ぐが、途中道を間違えて迷走。本当に大丈夫?先が思いやられる。

辺りはどんどん明るくなり出し、気が焦りだす。そしてようやくフェリー乗り場に到着!ちょうど都合よく5:20発のフェリーにすんなりと乗船できた。

しばらくして船が動き出した。

あぁ、ついに本州から離れたんだ。

 

朝焼けと心地よい風が一睡もしてない体を和らげてくれる。とても気持ちいい。

デッキのベンチに横になり、少しウトウトして浅い眠りに入った。

 

目が覚めると船はすでに到着しており、周りには誰もいない。焦って船から降りる。

大磯港に到着だ。現在6:40。カロリーメイトとコーヒーで一服タイム。

 

28号線を南下。少しぼーっとしている。さすがに寝てないのはツラい。変な汗も出てきた。

 

大鳴門橋の手前に閉鎖してしまった休憩所があったので一旦そこで休憩する。まだ8:00をまわったばかりだ。

f:id:narugapapa:20170801021654j:plain

 

 

しばらくして出発する。

そして目の前に大きな橋が見えてきた。ごっついでかい!なんじゃこりゃ!感動。

道路のジョイント部分がかみ合わせになっており、結構隙間もあるし長さもあるので、車輪がハマるんじゃないかとヒヤヒヤした。

だけど四国へ入る時のあの感じは忘れられない。別世界に行くような感じに思えた。

うずしおが見られなかったのは残念だった。

f:id:narugapapa:20170801015632j:plain

 

ついに四国上陸

徳島に入る。とうとう四国一周の第一歩を踏み出したんだ。さぁ行くぞ~‼

けどもう眠くて仕方ない。頭もぼーっとして限界だ。しばらく走ると吉野川が見えてきた。もう無理!ガマンできない!河川敷で寝よう!

真夏の炎天下、モロ直射日光を浴びながら堤防に横になる。なぜその場所を選んだのか全くもって意味不明。熱いのを我慢しながらも少しは寝ることが出来た。熱中症の危険もあったけど、寝ないよりはマシだった。

 

あづい・・。汗でびっしょりだ。なんか余計に疲れた感じがする。チョコレートもドロドロに溶けていて最悪だ。けど食べる。

時計は10:30になっている。ゲッ!少しゆっくりし過ぎたか。

再び走り出すと、火照った体を風が冷やしてくれる。とても心地いい。おかげで目も覚めてきた。何故か気分もスッキリ。

徳島市内の渋滞をやっと抜け55号線に乗った。

f:id:narugapapa:20170801021440j:plain

 

室戸岬へ向けてとにかく走る。天気はすこぶる良い。

道の駅「宍喰(ししくい)」で休憩。目の前には太平洋が広がっていて、すごく開放的な気分になる。やっぱ海はいいなぁ。

ここからしばらく海岸線沿いに走る。最高に気持ちいい。

 

室戸岬展望台での出会い

13:00頃室戸岬に到着。案内所のおばちゃんがとてもいい人で、一人旅の俺に良くしてくれた。写真も撮ってもらった。

しかし何を思ってたのか、岬へは足を延ばさずそこを発った。あれほどあこがれた室戸岬を見ないで通過してしまった。あとになって、あれ?そういえば岬は・・気付くのが遅すぎた。アホだ。

 

室戸スカイラインに入ると、途中に灯台と展望台があるというので、そこを目指す。

ほどなくして到着。バイクを降り少し歩く。500Mほど林の中を抜けると灯台への道を発見。嬉し気に行ってみると、えっ?

想像と違う景観にがっくり。一応写真に収める。

f:id:narugapapa:20170801015743j:plain

 

再び室戸スカイラインに乗る。次のポイント、展望台へと向かう。

アップダウンやコーナーが多くて超楽しい。緑がいっぱいで、たまに差し込む光がまた気持ちいい。

 

展望台の駐車場に到着。車が2台と、ヤマハSR400と思しきバイクが停まっている。

バイクを降りて階段を上っていく。途中すれ違ったカップルを見てうらやましいな~いいな~と思う。

展望台に到着。眺めは素晴らしいの一言!真っ青な海と空、広大な空間がそこにはある。室戸岬の尖っているのがよく分かる。

 

そこには俺と、家族連れ、カップルが1組いた。ん?じゃああのSRの人はどこなんだ?と考えていると、そこにいたカップルの彼氏が「こんにちは」と声をかけてきた。

俺も「こんにちは」とすぐに応える。

なんと、彼らがあのバイクの持ち主だった。タンデムで福岡県からツーリングしているそうだ。下にあったバイクは、ホンダGB250クラブマンだった。